2012年3月22日木曜日

課題

課題

どうやって舟形ジャックにDIN13pinを固定するか
これが最大の課題

課題は他にもある
スイッチの経が圧倒的にギターの孔より小さいのにどうやって固定するか
バックパネルのどこに舟形ジャックを設置するか
バックパネルのどこにメイン基板を固定するか
リアピックアップエスカッションをどう斬るか

一つ一つ片付けていこう…

2012年3月21日水曜日

GK-3内蔵要求仕様



そういえばGK-3を内蔵するにあたってのまぅさんなりの要求仕様ってのをまとめておこう.
自分の中でも曖昧だったからね(´ε` )


装対象

GK-3をギターに実装する.
実装対象はまぅさんのメインギター,ESP REINDEERとする.

0.  実装する機能について

0.1.
機能はGK-3の機能をそのまま実装する.
0.1.1.
GK-3の機能とは
・ディバイデッドピックアップによる各弦の信号出力
・GKへのノーマルピックアップの信号の入力,及びGKからの出力
・GKでのギター/シンセ/ギター+シンセの出力選択
・ギターシンセのボリューム情報の出力
・パッチチェンジ情報の出力
・ギターシンセからの電源供給
である.
0.2.
ただし,優先度に応じてオミット可能な機能を有する.
0.2.1.
オミット可能な機能は
・GKへのノーマルピックアップの信号の入力,及びGKからの出力
・GKでのギター/シンセ/ギター+シンセの出力選択
(これら2つはほぼオミット決定である 特に後者)
とする.
0.3.
演奏に影響がでないようにする.


1. REINDEERの外観について

1.1.
実装対象のREINDEERの外観は損なわないようにする.
1.2.
ただし,GK-3特有の機能を満たすために必要なコントロール/インタフェースは表面に出てもいい.
1.2.1.
必要なコントロール/インタフェースとは具体的に
・ディバイデッドピックアップ
・シンセ用ボリューム
・パッチチェンジ用スイッチ
である.
1.2.2.
GK用出力であるDIN13pinは外観に影響しない場所へ配置する.


2. REINDEER自体について

2.1.
改造は可逆であること.
即ちギターシンセが不要になった場合にオリジナルの状態に戻せること.
これは必須要項とする.
2.2.
ボディ孔の拡張は不可とする.
2.3.
オリジナルパーツの破損も不可とする.
2.3.1.
パーツの改造が必要であれば代替部品を購入するか自作を行う.
・ディバイデッドピックアップ装着によるリアピックアップエスカッションの改造
・DIN13pin,メイン基板装着によるコントロールキャビティカバーの改造



3. GK-3について

3.1.
GK-3はオリジナル状態から滅ぼしてもよい.
3.2.
入手困難であるDIN13pinコネクタはGK-3のものを流用する.
3.3.
基盤の不要な部分をカットすることも可能とする.
即ち,GK-3は不可逆でも構わない.


4.  実装について

以上の内容から実装方法を選定する.
4.1.
1.1.から,GK-3はREINDEERコントロールキャビティ内に内蔵することとなる.
4.2.
4.2.1.
0.3.と1.2.2.から,DIN13pinはコントロールキャビティカバーに舟形ジャックを取り付けることで実現する.
4.2.2.
4.2.1.より優れた実装方法があるならばそちらを実行する.
4.3.
シンセ用ボリュームは2連ポットを利用することでギター用ボリュームと同じ位置でコントロールができるようにする.
4.3.1.1.
同軸2連ポットを用い,ギター用とシンセ用のボリュームを同時にコントロールできるようにする.
4.3.1.2.
4.3.1.1.が不可能な場合は2軸2連ポットを用いる.
4.3.2.
ギター用の500kΩAとシンセ用の500kΩBを2連でコントロールできるようにポットを改造する.
4.4.
1.2.より,パッチチェンジ用スイッチの使える孔は一箇所であるため,(ON)-OFF-(ON)のスイッチをその孔に割り当てる.
4.5.
2.3.1.より, リアピックアップエスカッションは代替部品を改造する.
4.6.
2.3.1.より,コントロールキャビティカバーはプラ板より自作する.



こんなとーこーかーなー(・∀・)

2012年3月20日火曜日

DIN13pinだよ/絶対にやってはいけないこと

DIN13pinだよ

(´・ω・`)やぁ
これがさっき取り外したDIN13pinだよ.
実はこのコネクタってROLANDがギターシンセ用に作ったコネクタ規格じゃなくて
DIN(ドイツ工業規格)っていうところが策定した汎用コネクタなんだ.
DINコネクタにはPIN数がいろいろあって一番有名なのがDIN5pin.
世の中にはMIDIケーブルと言ったほうが通用しやすいかな(´・ω・`)
これね.
だから実はMIDIケーブルと呼ばれてるこれも汎用ケーブルなのだよ.

で,改造するに当たり秋葉原中を回ってこのDIN13pinのコネクタを探したんだ.
いろいろ聞いて回ってここなら有りそうと言われたらそこへ向かい,
あっちならと言われたらそこへ向かい.

結局,♂側のロック無しがヒロセテクニカルに置いていたくらいで,
GK用に使えそうなものは売っていなかった.
さすがにロック無しをギターに挿して暴れまわるのは心もとないよね(´・ω・`)

ちなみにネットなら小田原無線っていうところで♂(ロック無し),♀が売ってるみたい.
日本橋では共立で扱ってる(扱ってた?)みたいだよ.

見つからなかったから今回は基盤についていた大事なコネクタを使うことになる.
この大事なコネクタを使うことになるんだよ.


配置は
DIN13pinコネクタでも何パターンか出ているみたいだけど
GKに使われてるコネクタの足配置はこんなかんじだよ.
⑳⑳⑳⑳⑳⑳⑳⑳⑳
⑳⑳
⑳⑳
⑳⑳⑳
┗━━━━━━━━━━┛
① GK1弦
② GK2弦
③ GK3弦
④ GK4弦
⑤ GK5弦
⑥ GK6弦
⑦ 通常ピックアップ出力
⑧ ボリューム
⑨ リザーブド
⑩ スイッチ1
⑪ スイッチ2
⑫ 電源+
⑬ 電源−

ちなみに画像見て分かる通り
足配置が入れ違いになってるので
ユニバーサル基板にはささらないよ.
固定用の足はユニバーサル基板にささるけどね.
ちなみにこれスリーブなのかな?とか思ってたんだけど
どこにも接触してないみたい.


らかしてしまった感を味わいたいのなら!

DIN13pinをどうやって舟形ジャックに固定しようかなぁと
試行錯誤していたんだ.
ギター用のフォーンジャックならナットで止めるじゃない.
DIN13pinはそういうわけにもいかないんでどうしようと思ってたら
↑ふとこの横のツメが気になってね…
外してみたんだよ.

すると本体が2つに別れた.
うん.まぁツメを外すってそういうことなんだけど,
片方はコネクタのコネクタ穴があいてる部分
もう片方はコネクタ底面にくっついてる薄い板のような部品なんだけど
そっちにピンが全部付いてってしまった.

半田が微妙に残ってるためピンたちが下の部分から外れないしむしろ外したらどこのピンかわからなくなるから抜けないだけいいんだけど,
この自由に可動する13pinを元のコネクタに戻すために
一時間程度苦戦しました.
もう二度としたくない.

換えが買いにいけるならさっさとそうしたけど
そういうわけにもいかないからね.

ちなみにどうやって舟形ジャックにDIN13pinを固定するかは
まだ思いついていない.

基盤から取り外すものを取り外す

からなにやってるんだと

昨日は平日にもかかわらず朝一から半田コテ握ってましたまぅさんです.
基盤から邪魔なものを取り外してたんだよ.

その結果がこれだよ( ´∀`)
取り外されたパーツを並べてみた.
左からDIN13pin,スイッチ2つ,ボリュームポットにフォーンジャック.
これだけ取り外せばおk.


さびさなので

 半田コテを握るなんて本当に久々なので
パーツを外すのにも時間がかかってしまった.

半田吸取線が吸い取ってくれないからかなり難儀した.
これは外したい半田の上に新しく半田を盛って
それから半田吸取線を当てると吸い取りやすくなったよ.

あとは大きな足から外していって
少しでも隙間ができればマイナスドライバー突っ込んで
半田コテあてつつテコの原理で外していった.

一番時間かかったのは13pinだよね.
固定用の足も含めると15本も足が出てる.


まぁまだまだ課題はあるけど一歩前進( ´∀`)ということで.

2012年3月18日日曜日

工作中

葉原に行ってきたんよ

秋葉原に行ってきたんよ( ・ω・)
とりあえず千石,秋月,ヒロセテクニカル行ってきた.


ってきたもの

工具いろいろ買ってきたよ( ・ω・)
穴あけ系ばかりだけどね.
電動ドリル,替刃,センターポンチ,リーマー,プラスチックカッター.
もってなかったんだもんしょうがないよね( ・ω・)
これだけで結構金がとんだぜ

それからピックアップエスカッション,
2連ボリュームA500kΩとB50kΩ
スイッチ
舟形ジャック.


ャックを削りたおす

買ってきた舟形ジャックをリーマーで削る.
リーマーってのは穴を拡張する工具で
今回は大体Φ20あれば大丈夫.
つまり拡張できる最大の直径が2cmってことね.

こんな感じでがりがりいっちゃいます( ・ω・)
酒を呑みつつ,ニコニコ動画見つつ…
削り倒すこと●時間,本当に拡張できてるのか心配だったけど
長く苦しい戦いだった…

DIN13pinケーブルが通ったよ.ちゃんとロックもできてるしひとまずこれでおk.
リーマーでがりがりやってると手が黒くなってるので洗いましょう( ・ω・)




リュームを改造

ギターのボリュームってシングルコイルなら250kΩ,ハンバッカーなら500kΩが
普通使われてるのよね.
アクティブサーキットはしらん.
んで,まぅさんのギター,1Vol,1Toneだから内蔵するに当たり
ギター用のボリュームとGK用のボリュームを一緒にしたいわけ.
ギター用全開と同時にGK用も全開,ギター用絞ると同時にGK用も絞る,と.

そのために今日2連ポットを買ってきたのだよ(・∀・)
2連ポットというのは普通のポットが縦に2つ付いているモノ.
両方連動して動作するよ!
でも売ってるのは両方共同じ抵抗値.
なので改造.

買ってきたボリュームは
A500kΩとB50kΩ.
まぅさんのギターはハンバッカーなのでA500kΩがギター用,
B50kΩがGK用.
なんと爪を曲げれば外れるようになっているので底面の板を入れ替え.
これで50kΩと500kΩのボリュームが2個できた.
いや,1個でいいんだけど.

ただ,ボリュームに余計なでっぱりがついてるので
これは後々切り落とさないといけないっぽい.
金ノコがいるかな.

とりあえず今日はここまで( ・ω・)
ちなみに今回は携帯のカメラですごめんなしあ><

8pinの行方は

業を進めるためには

一番の心配事を先に片付けておこうと思って.
これが無理なら振り出しに戻ることになる.

なにをするか.

そう.
ディバイデッドピックアップがピックアップ孔を通るかどうか.
ピックアップが通るようにボディに元から開いてる穴をディバイデッドピックアップが通るか.
これが一番の懸念事項だ.
通らなかったら穴を拡張するか諦めるか何かしないといけない.

これが通れば秋葉原いって必要になるだろうパーツと工具集めてくる.
んでカフェ行ってくる(*´ω`*)メイドさんいないところね.

とりあえず弦を外さなければ話しにならないので弦を外す.
これがフロイドローズのめんどくさいところ.

弦を外したら今度はリアピックアップのネジを外す.
リアピックアップの線が入って行ってる穴が今回ディバイデッドピックアップが通るべき道.

案外広い.


ってもらう
とりあえず押しこむ.
なんかとてつもなく微妙な感じ.
でももうここまできたら戻れない.

白いのが8pinコネクタなんだけどもうちょいって感じかな.
ドライバーセットについてたキリで押し込む.
するとコントロールキャビティからコネクタの頭が見えてきたので
ラジオペンチで引っこ抜く.
断線しないように,コネクタの頭を潰さないように.慎重に.


てきた(*´ω`*)

一番の懸念事項がクリアーできた(*´ω`*)

 *     +    巛 ヽ
            〒 !   +    。     +    。     *     。
      +    。  |  |
   *     +   / /   イヤッッホォォォオオォオウ!
       ∧_∧ / /
      (´∀` / / +    。     +    。   *     。
      ,-     f
      / ュヘ    | *     +    。     +   。 +
     〈_} )   |
        /    ! +    。     +    +     *
       ./  ,ヘ  |
 ガタン ||| j  / |  | |||
――――――――――――

以上.
秋葉原行ってくるぜ(・∀・)

2012年3月17日土曜日

GK-3 とりあえず開く

GK-3 開く

とりあえず開いてみた.
後ろのネジ3本外したら簡単に開いた.
GK-3とGK-3Bって書いてある.
GK-3Bもメイン基板一緒のようだね.
GK-3Bはピックアップ部分が違うのかな?
ギターとは弦間隔違うし.
でもアレはアレで4弦から6弦ベースまで対応しているらしい.

ちなみにGK-3は6弦ギターのみです.

理由は?
ギターシンセの仕様つくるときに6弦までしか考慮してなかったんでしょう.
13芯ある線は1本余りがあるけどギターシンセ側のチップパワーもより必要になるだろうし.
まぁ邪道だしね.


イン基盤を外す

筐体からメイン基板を外す.
ボリュームノブをそのまま真上に引っこ抜けば基盤が筐体から外れるようになる.
メイン基板を外すとパッチチェンジ用のスイッチ2つが外れるからなくさないように.
左手前がボリュームで,右に行ってカラフルな線がピックアップへの線.
その隣りの13個穴が開いてる黒い箱がDIN13pinケーブルを挿すコネクタで
その隣りの黒長いのがギター用フォーンジャック.
ボケてるけど基盤左上の黒い丸2つがパッチチェンジスイッチ.
フォーンジャックの上にある白いのがGK/ギター切り替えスイッチ.

ギターに内蔵するにあたって
フォーンジャック,DIN13pinコネクタ,ボリューム,パッチチェンジ用スイッチ
は外すことになるだろう.

ちなみにボリュームはALPHA製のB50KΩ.
スイッチは2極.多分モメンタリー(押してる間だけONになる).

GK/ギター切り替えスイッチは使いどころが見いだせなかったので放置.


関係ないけどOPアンプが4つあった.
ボリュームの周りに3つ,フォーンジャックの近くに1つ.
2回路OPアンプなのかな.
日本無線の2068 B12ってやつらしい.
データシート見つからなかったけどそう書いてあるんだもん(´・ω・`)

3つはディバイデッドピックアップ用で1つは通常ピックアップ用なのかな.
ここを出たらしょっぱい13芯ケーブルを通ることになるから
できるだけごそっとインピーダンスを下げておこうってことなのかな.

ることになる
一応裏側.
基盤だから見やすいようにとありえない設定で現像したんよ(´・ω・`)

基盤はそのままの大きさではコントロールキャビティに入らない.
そんなことは百も承知.
基盤は斬ることになる.
最有力候補は取り外すフォーンジャックの裏.
画像でいうとRolandとかGK-3とかGK-3Bって書いてある
切り落とすには不敬な感じのしないでもないところ.

致し方ないじゃん!邪魔なんだもん!


ネクタも外す

ディバイデッドピックアップ用のコネクタを外す.
分かりにくいだろうけど基板側コネクタ♀に2ヶ所白い光が漏れてるのが見える.
そこは穴が空いててピックアップ側コネクタ♂ のでっぱりが引っかかるようになってる.
だから簡単には外せないし,力づくで外そうとすると基盤割ってしまう可能性もあるから慎重に.

一応写真はそのでっぱりを分かるように撮ったつもりなんだけど…
一眼でマクロ用レンズ持ってないからコンデジ引っ張り出してきて.

やりかたとしてはキリ的なものでそのでっぱり部分を押してコネクタを引っ張ればいいと思います(`・ω・´)

なんでかコネクタ8芯だった.ピックアップ分6芯+coldで7芯でええんとちゃうん(´・ω・`)?


問題は8芯入ったこの太い線,もといこの大きなコネクタが
ギター内部を通れるかどうか.
想定としてはリアピックアップの線と一緒にギター内部に入ってコントロールキャビティに出てくる感じで想定しています.

調べたことはやっぱ次ね
んじゃまた!(`・ω・´)

2012年3月16日金曜日

ライブ機材

ってたもの

さて.そういえばはるか前のエントリでアップデートがライブに間に合うかって書いてたんだけど
ちゃんと間に合った.
なに買ったかといえば

ストラップとトランスミッタホルダ.

ストラップは以前は白いもふもふ( ´∀`)を使ってたんだけど
なんかもっと可愛いのを発見したのでアップデート.
っていうか白いもふもふがくたびれてきたし(´・ω・`)

トランスミッタは直接ストラップに付けてたんだけど
暴れたりして落ちるのは困るからトランスミッタホルダを追加.


トラップ

ストラップはこいつを買った
なんか可愛いのないかなと思って見てたら
アマゾンにあった.



まずこれね.
かわいいのはいいんだけど
材質が…
アマゾンで画像で見るかぎりは布なのかなと思ってたら違った.
なんて言えばいいの?
とりあえずなんかの有機化合樹脂だよ.
折り曲げたらシワ癖がつきそうな.
まぁかわいいからいいんだけど.

次!


ランスミッタホルダ

トランスミッタホルダに関してはほとんど選択肢がなかった.
持ってるワイアレスはRelay G30.
今ではG30も持ってる人は多いだろうけど,みんな何のホルダ使ってるのかな.
これを買ったよ.

ESPのTH-200M



TH-200Lっていう大きい方もあるけど
G30サイズの小さなトランスミッタには小さい方のMで十分.
MとLってラインナップあるけどSはない模様.つまりこれが一番小さい.

見ての通りちゃんと取り付けられてるZe(・∀・)
全く問題ナシ.
電池を取り外しする度にゴム(画像の黒いヒモね)を外さないといけないのはしゃーない.

お陰様で背後に気を使うことなく暴れることができましたよ(・∀・)
以上(・∀・)そんだけ

GK-3の処遇について

GK-3 概要

GK-3
それはGR-55などのRolandギターシンセを使うための
ディバイデッドピックアップ.
ディバイデッドピックアップ?
ディバイデッドってなにさってね
各弦を別々に音を拾うピックアップなんだよ.
だから分離した(ディバイデッド)ピックアップ.
つまりこいつには6つのピックアップがついてるわけ.

ただ,一つ一つのピックアップが小さいため
誘導できる電気信号が小さい.
だからOPアンプで電気信号を増幅している.
OPアンプで増幅するための電力はGR-55などから引っ張ってくる.

GR-55には6本の弦それぞれ別々に信号を送るほか,
ギターの通常のピックアップの信号も送ることができる.
このディバイデッドピックアップでGR-55などのパッチチェンジを行うこともできる.
もちろん,手元でボリュームを変えることもできる.

つまり,弦6本分,通常ピックアップ分,パッチチェンジの進む分に戻る分,ボリュームの分
そしてOPアンプのための電力の分のホットとアース.予備が1本あって
合計13本のケーブルでこのディバイデッドピックアップとGR-55などを繋いでいくことになる.

とりあえずこのディバイデッドピックアップでできることは全て書いた.
そう,これでできるのは6本の弦個別の音と通常ピックアップの音を送ること,パッチチェンジをすること,ボリューム信号を送ること.
それだけである.


が家のGK-3

うちにGR-55があるというのは前のエントリで書いたけど
残念なことにメインギターにはつけていないのだよ.
今はサブもサブ,外に持ち出さないギターに付けている.


FERNANDESのキルトメイプルトップの謎仕様なギター.
エンドピン2つついてるし.カタログ外モデルとは聞いた.

なんでこいつにつけてるか.
いや,メインじゃなければ誰でもよくて
こいつが一番メイン以外では弾き慣れていたからなんだけど
じゃあなんでメインは嫌だったのか.

まぁ見たら分かると思うけど
とにかくダサい.
こんなもの付けれるかってくらい
ダサい.

弾いてて楽しいけど
ライブに持って行きたくない.

まぁ,ダサいってのもあるんだけど
もう1つ決定的な,致命的な点があって.


インに付けない理由

 うん,付けない理由っていうか
付けられないんだけどね.

ほれ.
フロイドローズにぶつかる.
勘弁して.

それだけじゃないよ.

ブリッヂとピックアップの隙間に入らない( ゚д゚ )
Rolandの説明書によるとブリッヂから2cm以内の場所につけてくださいとな.

無 理 w

上のFERNANDESのギターと見比べてみてよ.
あっちはかなり余裕あんじゃん.
こっちは全然無理w
そんな差がでるとかどんなギターだよwって
自己紹介で写真貼った

この子なのだよ.
ボディが小さいのが裏目に出まくり.


もやっぱり

でもやっぱりメインで弾きたいじゃん.
ライブでギターシンセ使いたいじゃん.
本当は前のライブで使いたかったんだけど↑の理由で諦めたんだ.
でも次の機会までには使えるようにしたいじゃん.

っと言う訳で!
GK-3内蔵したいんだよ!
内蔵したいってのは半年ほど前から思っていて
いろいろ試行錯誤してたんだけど
頓挫してたんだよね.
最初はGKのコントローラ部を自作しようかと思ってたんだけど
分解してみて気づいた.
ユニバーサル基板で表面実装に勝てるわけがない.
ってかそもそも部品で謎なチップがありよる.
無理.
かといってGKの基盤はコントロールキャビティに突っ込めるほど小さくはない.
少なくとも基盤カットしないといけない.

基盤はええとして絶対にギターはオリジナルを保ちたい.
穴を開けるとかは論外.
だから躊躇っていた.

でもやっぱりメインで弾きたいから
GK内蔵計画始めます(・∀・)
ギターには傷つけません.
基盤は切ります.
いろいろ考えます.


本当はこういうこと手をつけて完成手前になってとかになってから
ドヤァって感じで宣言するんだろうけど
全くノーアイデアノープランの状態で宣言してやったぜ(・∀・)
でも言ったからには頑張る.

最初の敵はこの13pinコネクタの扱い方だと思う.

とりあえず今日は宣言まで.
次は調査したこと書くよー(・∀・)


※ギターシンセを買うときはピックアップが付けれるかどうか確認してから買いましょう.

2012年3月13日火曜日

GT-100がほしい!

いや,まぁAppleはどうでもいいとして

GT-100ですよ.
今冬のNAMMで発表されて
どうやらもうそろそろ発売されるという
BOSSのGT-100.

とその前にまぅさんのマルチ遍歴を語ろう


ルチ遍歴

707時代
まぅさん初のマルチはZOOMのGFX-707だった.
当時で1万前後だったから破格の安さだったよね.
次に使ったのがその後継,707II
左がGFX-707 右が707II
707が壊れたと思ったから買ったんだけど
実際はアダプタが違って電力不足だったんだよね.
まぅさんは707のフランジャーが好きだったのよ.
けっこうかかりのエグいフランジャー.

GT-6
で,その707IIを人に売っぱらって買ったのがBOSS GT-6.
GT-6 手放したのが惜しい(´・ω・`)だからGT100が欲しい
こういうステップアップってやっぱり初心者としての楽しみの1つだよね.
技術じゃなくて金の問題だけどでもやっぱ嬉しい.
ちなみにその時に使ってたギターがEdwardsのE-LP85SDっていうゴールドトップLPだから
GT-6のシャンパンゴールドとあわせて金×金という悪趣味な組み合わせだった.

GT-6+POD xt
次に買ったのがLine6 POD xt(豆型)
PODといえばやっぱり豆型だよね.名前のごとく.
この時に受けた衝撃はGT-6を買った時以上だった.
GT-6が本当にのっぺりしてたんだなぁと思えるほど
ダイナミックであったのだよ.
卓上モデルではあるけどフロアタイプのGT-6より実戦に使われるようになった.
マルチとはいえ,この頃からだんだんアンプしか使わなくなってきたんだ.

何故かその後,バイト先でメハチ(BOSS ME-8)を貰えることになったので貰った.
店長が倉庫から引っ張り出してきたらしい.
洗浄に時間がかかったけど動いた.
でもアダプターがない.GT-6と同じだけど.
どうせ売っても二束三文だろうし歪み系統がアナログということもあって
こいつは未だに手元にある.


上京して.

POD X3 
GT-6とPOD xtをヤフオクで売却.
(GT-6と共にアダプタが行っちゃったのでメハチも使えなくなった)
1円スタートにしたけど思ったより高値で売れた.
で,それを元手にLINE6 POD X3 Live(フロア)を購入.
音はいいんだけどいかんせん大きい(´・ω・`)
もうこの頃には完全にアン直人間になってたので
今でもなんでフロアにしたのかと公開している.
実際にウチから持ちだしたことが一切ない.
しかし,ウチでは未だに第一線.これがないと生きていけない.
もう完全にLINE6信者になってしまった.

懐に余裕が出てきたのでオモチャとして安いエフェクターやギターを買う時期があった.
そのときにZOOM G1とDIGITECH RP50を入手.
G1
RP50
こいつらも二束三文だろうから未だに手元にある.残念.
まぁ録音時になんか飛び道具的に使えそうなところがあれば使ってあげたいな…

すっかり忘れてたけどZOOMのG3ってのも買ってた.
G3…結局はG1とあまり印象変わらないんだよね…
一時期はキッチン部屋において勝手エフェクターとして活躍なされましたが
今では忘れ去られるほどの存在に.
まぁG1と比較すると可哀想なくらい出来は良くなってるけど.
これとG1のおかげでGシリーズは真空管搭載モデルだとしても惹かれなくなった.

POD X3+GR-55
これをマルチといっていいのかどうかだけど
一番最近入手したのがBOSSのGR-55.
GR-55.いろいろと問題が残ることとなる(´・ω・`)
V-Guitarシステムだね.
一応GT-10同等のギターエフェクツが入ってるというお触れだが...
まぁDIN13pinでしか使えないからなかなかメインにはならないよね.

まぅさんのマルチ遍歴はそんな感じだ.


GT-100が欲しいワケ

たまに自分の弾いたデモ音源というモノを聞くのだが.
最近はGT時代に録ったモノのほうがアンサンブルとしては優秀な気がする.
単体でPODと比較すると圧倒的にPODなのだが−
無主張なGTのほうがよく聞こえる.アンサンブルに溶け込みつつも形を保ってる.
PODでもちゃんとアウトプット設定はしてるよ.(アンプには繋がないし)
ちゃんとPODでもポストプロすればGT以上に聞こえるようになるんだろうけど
まぅさんみたいなド素人がポストプロ弄れば弄るだけ不自然になる.
まぁそれだけの理由ならポストプロの腕を上げればいいのだけど

やっぱ新しいの欲しいじゃん(*・ω・*)
GR-55ってのもあるんだけど
BOSSもGT-10同等とか言ってるんだけど
・いろいろ機能/設定がオミットされてるよね
・そもそもGK付けないと使えないよね
・あの糞13芯ケーブル使わないといけないよね
っていう3つの理由で使えないんだ.
13芯ケーブルの問題は大きくて
シールディングされてるのかどうかって疑問に思うぐらいノイズが酷い.
GT系統だけPhoneの別入力を設けてほしいくらい.
それともGT-10ってそんなレベルなのかい?


GT-100ってどんなんさ

そりゃ発売もされてないし試奏ができるはずもないから
スペック上で語るんだけど.
GT-6と比較して
「音づくりの幅やパフォーマンスの可能性が飛躍的に広が」ったGT-8と比較して
「最新のチューニングが施されたCOSMアンプ・モデリングとCOSMエフェクトを駆使した迫力あるサウンド・メイキングが可能」なGT-10と比較して
「最新カスタムDSPと飛躍的に進化したCOSMテクノロジーによる革新的なオリジナル・アンプを搭載」
したのがGT-100なんだぜ( ´∀`)GT-6しか知らない人間にとってはwktkしないほうがおかしいだろw

普通のマルチと比較して謎な機能が一点.


ACCELペダル?

ペダル類の一番右端に青いACCELペダルなるものがある.
BOSSの説明によると
時間経過と共にエフェクトの効果がダイナミックに変化する
「レーザービーム」 や「ワープ」など
なるほど 飛び道具ですな.
そういう遊びに手を出すということは
基本機能が万全であるか基本機能を擲ったかのどちらか.
前者であることを願いたい.
こいつは見る限りCTLペダルと兼務らしい.
だから何かの機能を割り当てると使えないんだね.
使わないだろうけど.


ーパー…

正直言って使う人ってどのくらいいるの?
って機能.
VRAMが大容量化して
デジタルエフェクターなら入ってきた信号を保存すればいいだけだから
簡単に実装できるんだろうけど.
あって害悪とは思わないんだけど.
ペダル独立させるのはなぁ…
もしこのペダルがなければ5cm横幅縮まりますというなら
まぅさんがPLならそんなペダルいらん CTLに割り当てさせろ
っていうね.

フロアマルチとはいえ可搬性って結構重要だと思うのよ.


そんなGT-100
16日(金)発売らしい.


49,800かぁ…当分は見送りかなぁ…

2012年3月8日木曜日

新生iPadでiPhoneアプリを等倍表示させたら

像度の向上とは

いいことづくしというわけではない.
例えばiPhone向けに作っていた画像は作りなおすか拡大しなければならない.
iPhone3GSは解像度が480*320
新しい板は解像度が2048*1536
縦横ともに4倍以上.

ただ拡大しただけでは高精細化した意味もないし
文字などもおおきくなるだけなのである.

つまりiPhone3GS用に作った画像は
新しい板用に作りなおす必要がある.

その程度ならいい.
自分でできることだから.


分でできないこと

初代板から搭載されていた機能なのだが
iPhone用アプリを板向けに拡大する機能がある.
等倍でも表示できる.
今回,新しい板では初代や2より縦横倍の解像度があるから
iPhone用アプリを等倍表示させたらより小さくなる.

どのぐらいになるんだろうと思い,やっつけシミュレートしてみた.



もちろん等倍表示することなんてないだろうし
iPad用があればそっちを使うけどね(´・ω・`)

制作者様がiPhone用に作ってサポート終了したアプリなんかは
このサイズのものを拡大することになる.

新しいi板

表きたああああああああああああああああああ



きましたね板3
もとい新しい板!
正直言ってこの板,まぅさん的にはどうなのよっと.

何が変わったのかなぁ(・∀・)


ーンアップデート内容

予め言っておくけどまぅさん的な感想だ.

・Retinaディスプレイ搭載

解像度が縦横それぞれ倍になってつまり4倍になった.
1024*768 → 2048*1536
でも画面の大きさはそのまま.
つまり一つの点が小さくなって高精細になったわけだね.
細かい文字が潰れなくなったわけだ.

久々にiPhone3GSを触ってみたけど今使ってるXperia Rayと比較して
ドットが荒いって瞬時に思うようなディスプレイだった.
旧来の板も同じドットピッチだったはず.

でもこれはもともと想定されてたからなぁ(´・ω・`)
ってか板2で搭載されないのが嘆かれてた機能だし.


・チップが新しいA5Xというものに

AppleがiPhoneや板に使ってるチップはコアこそArmなものの,汎用品じゃないから
名前だけ提示されても正直使ってみるまでパワーが分からない.
大本営発表によると板2に搭載されてたA5よりグラフィックパフォーマンスが4倍になったそうな.
でも解像度も4倍になったよねぇ…?
実際の話,どこまでパワーアップしたかは未知数.
爆速になってるかもしれないし,微妙かもしれないし,板2より苦しくなってるかもしれない.
人柱報告待ちしたほうがいいかな?


・背面カメラが500万画素に

HD動画も撮れるって言われてる.
光学系も見直されてるっぽいけど.
こんな大きな板で動画撮らないよ(´・ω・`)
むしろiPadってインカメのほうが重要じゃないの
インカメに変更はナシ.VGA画質のまま(´・ω・`)
ちなみに絞りナシf2.4なんだって.

名前だけ変更されてる.
バックカメラ→iSightカメラ
インカメラ→FaceTimeカメラ
あぁ,どうでもいいあ


・LTE対応

WiMAXとかXiとかの高速回線に対応するよってことだけど
3Gモデルはとりあえずはソフトバンクからしか出ない模様.
あLTE対応だから4Gモデルになるのか.
ソフトバンクのLTEってどうなの実際(´・ω・`)
っていうかWiMAX持ってるし4Gモデル買わないよ買うならWifiモデル.


・名称

iPad3でもなくiPadHDでもなく.
新しい板は新しい「iPad」なんだそうな(´・ω・`)?


・バッテリー

チップが新しくなって,画面解像度が増えたにもかかわらず
起動時間は10時間据え置き.
こんだけあれば十分だよね.コレ以上あってもしゃあないよ.
減らなかったからこの点は満足.



そのほかに発表されてたことはソフトウェアばっかりだから割愛.


の他

厚みが微妙に増えてるね(´・ω・`)
.6mm
それも実際持ってみないとわからないかな.
でもそれより大きいのがWifi,4Gモデル共に板2より50g増えてる.

ディスク容量は変わらずWifi,4Gともに16G,32G,64Gがラインナップされてる.
値段は

Wifiモデル
16G 42800
32G 50,800
64G 58,800

4Gモデル
16G 53,800
32G 61,800
64G 69,800


デザインには厚み以外変更ないらしい(´・ω・`)
色も白と黒.
噂されてたようなHOMEボタン廃止とかも全くナシ.
もっとiPhoneみたいにデザイン変更してくれていいのに.
せめてmacbookみたいに背面林檎ロゴが光るとかさぁ…
こんなかんじに改造してる人もいるみたい

林檎ロゴのうしろにwifiモジュールがあるんだけどね.

デザインの違いってガジェッターにとってはひとつのスティタスだと思うのよね.






目に見えて革命的
…とAppleは謳ってるけど
これだけじゃあ一目見ただけじゃ違いが分からないよ.
もっと革新的な何かがあってほしかった.

macbook airの11インチは個人的には革新的だった.
あれは買わなやばいっていう衝動に駆られた.
今回の板はそこまでもないです.


日本では来週3月16日発売です.
人柱報告お待ちしております 壁|´・ω・`)b

2012年3月4日日曜日

ワンカラ

ンカラとやらに行ってきた 

神田にあるヒトカラ専用カラオケボックス,ワンカラ.
去年の11月にできて,まぁウチの近所だし行ってみようかと思いつつ3ヶ月強.
昨日(っていうか今日だけど)初めて行ってきた.
元から普通のカラオケボックスに行ってもヒトカラばかりなので
普通のカラオケに一人で入った場合とどう違うのか.
気にはなるよね.
ちなみにヒトカラに対する羞恥心などとうの昔に存在しない!

ワンカラがヒトカラ専用とはいうがどう他と違うのか.
ちなみに行った時間はワンカラがフリータイムになる午前零時を回った後である.



ンカラの特徴

ヒトカラ専用なのでまず狭い.
一部屋一畳もない感じ.それが24部屋ある.

女性専用部屋がある.
その意義がよく分からないが…

部屋に内から鍵がかかる.急に開けられることがないのは安心.
新宿の歌広場でナンパ(笑)突入されたときは唖然とした.
内から鍵はかけられるがトイレに出るときに外から鍵はかけられないジレンマ.

そして最大の特徴がアンプがない.代わりにミキサーがある点.
アンプがないため,スピーカーもない.ミキサーにヘッドフォンを接続するのだ.
そのため一畳という狭さでも反射特性を考えなくて済む.
ヘッドフォンはレンタルできる(300円)し,持ち込みもあり.

他にも全室禁煙であったり,内線電話がなかったり細々とした特徴はある.

ちなみに設備はDAMとJOYらしい.
DAMでやってみた.

料金体系は
10:00-18:00      600円/時間
18:00-06:00      1,100円/時間
フリー(00:00-05:00)  2,600円
初回は別途入会金200円
ヘッドフォンをレンタルする場合は300円が必要


際どうなのか

昨日一度行ってみただけの感想だが,思ったことを書く.

音は想定していたよりはちゃんと聞こえた.
声のアラを探すためには普通のカラオケで歌うよりいいかもしれないが
下手な癖がついてしまうんじゃないかとも思った.
少なくともカラオケ独特のごまかしエフェクトが効いた感じで楽に歌いたいなら普通のカラオケのほうがいいと思う.

普通のカラオケのつもりでマスター音量を上げ過ぎると耳が痛くなる.
手元にはベリンガーのミキサーがあるので,ミキサーの使い方が分かる人はデフォルトからいじったほうがいいと思う.
やや高域は削り気味に.
そりゃ大きなスピーカーから離れた位置で聞く音とイヤフォンから直接聞く音とでは高域劣化特性が違う.
また,ヘッドボイスを使う時なんかはマイクを離さないと思った以上に音圧が上がる.


きな課題が2つ

部屋に証明スイッチと空調コントローラーがないため
ずっと明るい状態で歌わないといけない.温度には自分で対応しないといけない.
それはまだいい.
防音のための密閉と部屋の狭さが起因する問題が2つ在る.
1つはこの時期とてつもなく乾燥する.
一曲歌い終わる前に喉が乾燥する.
頻繁な水分補給が必要.
ポータブル加湿器を持ってる人は持っていったほうがいいかも.
幸いにもドリンクは無料で,種類も結構ある.
ただし,トイレが男女それぞれ1つずつなので(行った時間帯は大丈夫だったが)夕方はどうなるのか分からない.
もう1つが酸素濃度.
酸欠を簡単に味わえる.
正直言ってこの2つは大きな課題だと思う.


ンカラの利点

普通のカラオケと対比して…というか,普通のカラオケを基準として考えて
不満点ばかり挙げた感じになったが,利点はどうなのだろうか.

1つはヒトカラ専用なので恥ずかしがる理由がない.
ヒトカラに慣れてる人にはどうでもいいのだが.
ただし,ワンカラの所在するビルがあまりよろしくないテナントも入ってるので
そういう点では恥ずかしいかも.

もう1つ.
DAMが提供しているDAMボイトレというものがやりやすい.
3時間とか歌うのなら先にやっておいて損はないとおもう.
3時間叫び倒したあとにこういう機能があることに気づいたので意味なかったが.

さらに
全部屋に姿見があるので思う存分ナルれる.
動きながら歌うことはできない.そんなに広くない.

最後に.ワンカラならではの特徴を利用すれば.なのだが.
ワンカラはマイクがワイヤレスではなくワイヤードである.
そのため,個人用のマイクを持ち込むこともできる.(やっていいかどうかは知らん)
ミキサーがあるので,外部マイク対応ICレコーダーを接続すれば録音ができる.
歌ったのを録音するのもありだし,カラオケの音だけを録るのもできる.
CD録音はワンカラのサービスとしてできるようだが,別途料金必要っぽい.
ZOOMのQ3HDを持ってる場合は歌ってみたがラインで抜ける.
ちなみに撮影禁止らしいが.




コンセプトとしてはおもしろい.
が,現状喉にダメージを与えうる乾燥と酸素濃度のため,長時間の利用は辛い.
料金体系が一般カラオケと大差ないため,利点に魅力を感じなければ一般カラオケに行ったほうがいい.
近くにカラ館あるし.
ワンカラのために電車に乗って神田に来ることは…ないかな.
以上.