2012年9月16日日曜日

HWシーケンサー

ないのですか?
HWシーケンサーの需要.

少なくとも僕は欲しいと思うのですが.

何年も前から言い続けていることではあるのですが.
僕はQY100を持っています.
作曲のメインです.僕は打ち込みで曲を作る.

確かにもはやソフトウェアシーケンサーが主流.
というか,DAW環境だとシーケンサーの機能もMTRの機能もなんでもある.
しかし,PC上で動くソフトウェアであるがために,
鍵盤での入力以外にもマウスや他のインプットにも対応しないといけないというUI上の制約があり,
それがかえって鍵盤での入力を難しくしている.

僕が欲しいのは
・気軽に持ち運べて(これはMBAやVAIO type Pでもできるけど)
・鍵盤がついていて
・すぐに起動する
作曲環境.

PCだとカフェで作曲するのとか難しいんだよ.
鍵盤も持ち運んでたらただの変な人じゃん.
嵩張るし.

QY100は2000年に発売されたHWシーケンサー.
もう12年も前の機種になるが,それが未だに第一線である.
メモリーカードはスマートメディアという過去の規格である.
つまり,もはや記録することができない.
しかも本体メモリーが揮発性メモリーであり,
スーパーファミコンROMのようにボタン電池を内蔵していて,
電池が切れると本体にも保存できないという今から考えるととてつもない素敵仕様.
そして内蔵メモリーの限界が案外低く,曲を作りこむと一曲もたずにメモリーフルになってしまう.
さらには外で使うとなると馬鹿でかいACアダプタを持ち運ぶか,
単三電池6本というエネルギー食いである.

12年前だぜ.
携帯だって「パカパカ」以前のストレート機だらけだし,
着メロが3和音とか言ってたし,
ようやくカラー液晶が携帯で普及し始めた時代.
PS2の発売された年といえば聞こえはいいが
Windows 2000の年といえばものすっごく微妙だろう.

今,QY100のようなHWシーケンサーを作るとすると
・パネルのバックライト及び必要ないけどカラー液晶化も可能
・小型軽量化
・消費電力の削減, 充電池の採用
・内蔵メモリーは不揮発性フラッシュ
・外部メモリーはSDカード
・PCとUSBで接続可能
・音源拡張

これぐらいは余裕で積むことができるだろう.
UIさえ十分にリッチであればVSTプラグインにも対応できるだろう.
応答が早ければMIDIキーボードの音源モジュールとしても使えるんじゃね.
正直ギター用エフェクトとかそういうどうでもいい機能はどうでもいい.
HWシーケンサーとして正統進化を遂げたHWシーケンサーを見てみたい.
もう,無理なんですか?

0 件のコメント:

コメントを投稿