2013年3月6日水曜日

【Tizen】きもい(ノ∀`)


某社が主導して開発を進めている
モバイル用OS,Tizen(たいぜん).

同じモバイル用OSであるAndroidと比較して
今わかる一つのことがある.

それはマスコットが途方もなくキモいということだ.
なにこれ

Androidのマスコット,ドロイド君(非公式名称)は
かわいい
こんなかわいいのに!
ドロイド君も今の姿になるまでのデザイン段階では
ひどい

こんな姿だったけど
Tizenのマスコットは嫌悪感を抱かせるデザイン.
すごいこれ.


そこで,Tizenの参画メンバーを見てみよう.
面白い面々が並ぶ.
日本からは…
・富士通
・パナソニックモバイル
・NECモバイル
・ドコモ
という企業が参画している.

ガラケーを作っていたがiPhoneの流れに焦って
後手後手でAndroidスマートフォンを作ったが
結局ガラスマと呼ばれた端末メーカーたちと
初段でiOS獲得に失敗し,端末メーカーにガラケーを作らせ続け,
競合他社に焦って初めて
Androidスマートフォンを作らせることとなった元凶で
おいしかったiモードという自社サービスを
泣く泣く見捨てることになった携帯キャリア.

この流れは…
見事すぎる.

端末メーカーとして参画しているのは日本の3社のほかは
大元締めの三星と華為.

インテルがチップメーカーとして唯一参画しているが
iOSやAndroidというモバイル市場をARMアーキテクチャにほぼ独占されて
次こそはという意図があるのだろうか.
Atom系SoCもパッとしなかったし.

日本ではスマートフォンとしてはそのiOSとAndroid二強で
他OSは無視していいレベルな現状なのだが,
それでもマルチプラットフォーム対応には苦慮するのに
これ以上プラットフォームを増やしてくれるな
とアプリケーション開発者は言いたい.

まぁWindows RTですら遅すぎた感が拭えないので
互換性のないプラットフォームだとすると
このTizenやFireFox OSの出る場はなさそうかなとも思うが.

それでもWindows RTはWindows8とともに頒布されるので嫌でも拡がるよ.
使われる・使われないはさておき.

0 件のコメント:

コメントを投稿