2013年6月27日木曜日

【Windows8.1】スタート画面も変化が

Windows8で酷評?されたスタート画面.
Microsoftとしてはストアの普及のためにももっと使って欲しいところなのだろう.
変更が加えられていた.

このキャプチャ内にいろいろと入れてみた.

まずは事前に言われていた特徴の一つ,グループ化である.
グループ化とはいうが,従来からまとまって表示されていた先頭にタイトルを付けられるだけ.
このキャプチャでは顔文字( ゚д゚)をタイトルにしている.

次にタイルのサイズ選択肢が増えた.
アプリにもよるが,選択肢の多いアプリで
・大(広いの高さが倍)
・広い(従来の大)
・中(従来の小)
・小(中の1/4)
という4段階になった.
(従来は大と小だけ)
大・中・小に混ざった異色の「広い」
どういう意図があるんだ…

それからデスクトップアプリのタイルサイズも変更できるようになった.
中と小を選択可能になっている.

このキャプチャ左下にある(↓)アイコンは
「すべてのアプリ」の表示である.
以前は右クリックをして表示させていたのが1ステップ減った.

このスタート画面の背景にも微妙に変更が加えられている.
Windows8で選択できたのは
・模様
・色合い
の2項目であった.
Windows8.1では色合いの部分が分解されて
・背景色
・アクセント色
になっている.
背景色と前景色を別々に設定できるようになった.
それから,デスクトップと同じ壁紙を指定することができる.
デスクトップとは別の背景を選ぶことはできない.

模様もいくらか変更が加えられており,
ギターのやつがなくなってもうたで…(/_;)


スタート画面ではないがもう一つ気づいた変更点として
Windows8では画面右下/右上にマウスカーソルを合わせるとチャームというのがでてきた.
検索,共有,スタート,デバイス,設定というメニューのあるアレである.
そのメニューがバーの中心に出てくるので,右下や右上から呼ぶものとしては遠い感じがしたのだろう,
手繰り寄せた感じの変更が加えられている.

右上から呼び出すと各項目も上よりに,
右下から呼び出すと書く項目も下寄りに表示され,
マウスの移動距離が少なくて済むようになっている.

タッチパネルPCのスワイプだと従来通り真ん中なのだろうか?

UIだけでも結構変わってるイメージ.

【Windows8.1】消えたGoogle IME召還

Windows8.1のインストールとともにGoogle日本語入力がIME候補から消えてしまったので召還した.
Google日本語入力を再度インストールしても戻ってこなかったんだ.

まずは画面右下のIMEをクリック
このJってやつ

するとIMEの設定が出てくるので
言語設定をクリック

コンパネの言語に飛ぶ.
日本語のオプションをクリックする.

入力方式の追加を選択する

追加したいIMEを選択して「追加」で完了!

【Windows8.1】スナップが変わってた

Windows8.1ではどうやらアプリのスナップが変わっていたようである.

Windows8では左にスナップするか,右にスナップするかの2パターンのみであり,
スナップに対応していないアプリはアイコンが表示されるだけという悲しい絵面であった.

ありし日のスナップ状態

アプリをちゃんと作っておけばスナップ用の画面も用意することはできる.
といったのはWindows8のストアアプリであった.

それがWindows8.1になると,
左にスナップした状態でもWindowsStoreが使える!
…んん?っつーかスナップ幅広くね?

と思ったらどうやらこのスナップ幅がある程度制限はあるものの可変になったようである.
↑この画面はこれが最小幅の状態.

アプリを半々に表示することができるようになった.
WindowsStoreアプリも微妙に変更されているようだ.

はて,ここで疑問が出てくる.
スナップ用の画面を作った既存アプリはどうなるのかと.

やってみた.
おや,WindowsStoreではできなかった従来のスナップ幅でのスナップができた.

そう.どうやらスナップ画面を用意しているアプリのみ
旧来のスナップ幅で表示することができるように変更されたようなのである.
ではこのスナップ画面を用意したアプリを拡げていくとどうなるか…
これはあかん
どないかならんかったんかと言いたくなる.
いや,もう言ったわ.

スナップ用画面を用意したアプリはある程度まで狭い領域だと黒縁が入った状態になるようだ.
画面の半分近くまで拡げると
ちゃんとした画面になる.

スナップの仕様変更はこんなところか.
旧来は
・左か右かにスナップする
・スナップ画面を用意していなければ残念な絵面
Windows8.1では
・スナップ幅が真ん中で分割したりと可変になった
・スナップ用画面を用意したアプリは旧来のスナップ幅での表示が可能
・スナップ用画面のないアプリは旧来のスナップ幅よりもっと広い領域が最小幅となる
・スナップ用画面のあるアプリは狭い領域だとスナップ用画面+黒縁で表示される

この挙動を見る限り今後はスナップ用画面を用意しないほうがいいかもしれない.

【Windows8.1】Windows8.1RP版入れてみた

米国6/26の//BUILDカンファレンスのタイミングで一般公開されたWindows8.1
どうやらもうAvailableのようなのでインストールをしてみた.
インストール対象が開発用のメインPCだからって何だ.(゚ε゚)キニシナイ!!
MSはこれは新しいOSである!と推していたけど
実質はマイナーアップだよね.さすがにバグバグなことはないだろう.

まずはMSDNのサイトから
Windows>ツールをダウンロードする
を選択するとWindows8.1Previewのページへやってくる.
http://msdn.microsoft.com/ja-jp/windows/apps/br229516
具体的には↑ここ
Windows 8.1 Preview をダウンロードする
をクリックし,Windows8-RT-KB2849636-x64.msuをダウンロード,実行を行う.
このWindows8-RT-KB2849636-x64.msuはWindowsUpdateの更新扱いで,
これ自体がWindows8.1のアップデータではない.

なので,このソフトのダウンロード,インストールは一瞬で終了する.

再起動が促されるので言われるまま再起動する.

再起動後,自動でアラーとダイアログが上がってくる.
きっと今年のホリデーシーズンと言われているWindows8.1の正式投入でもこういった感じで
通知されるのだろう.

このストアにアクセスするをクリックするとストアアプリのWindowsStoreが立ち上がる.
もちろん手動でStoreアプリを立ち上げてもいい.
すると,先ほどまでなかったWindows更新のメニューが先頭に現れる.
先ほどダウンロード,インストールした更新ソフトはこれを表示するためのキーなのだろう.
このWindows8.1Previewをクリックすると
OSをStoreからアップデートすることができる.
ダウンロードサイズは2.44GBだそうだ.

なお,執筆時点ではこのストアからのアップデートしか提供されていないが,
明日にはISO版が提供されるようだ.
開発者ならせっかくなのでストアからの流れを見ていたほうがいいとはおもうが.

通常のストアアプリをインストールするのと見た目的には変わらない.

アクセスが混雑してるのか,ステータスが【保留中】となって動かない場合がある.
その場合は
http://hardsoft.at.webry.info/201301/article_1.html
を参考に以下の操作を実行する.
問題なくダウンロードが進んでいれば飛ばしておk

・一旦ダウンロードをキャンセルする
・ストアアプリを終了
・トラブルシューティングからストアサービスの再起動
を行って再度ダウンロードを行えば改善するかも.
コントロールパネルのトラブルシューティング下部にある
システムとセキュリティ>Windows Updateで問題を解決する
を選択し
ウィザードに沿って進めていく

これでストアへアクセスして再度Windows8.1をダウンロードしてみる.

無事完了すると,再起動が促される.

デスクトップのほうでも.

再起動を行おう.

ダウンロードファイルが2GB以上あるとはいえ,ここまで1時間弱かかった.
が,ここからが本番である.まだ時間がかかる.
ここからPCの設定やデバイスチェックに1時間弱(とはいえ放置でOK)
それが終われば最後にアカウントの更新等々行う.

それが済めば無事Windows8.1が起動!
Windows8.1の象徴ともいえるこのスタートボタン.
当然メトロ画面に連れて行かれるだけなのだが.

個人的にはタスクバーに頻用アプリを登録すればスタートメニューは要らないと思っているので,
旧来のスタートメニューはいらない.

これがアップデート適用前のWindows8の画面左下部.
微妙にアイコン配置変えられてて笑う.

今のところ困ったのがGoogleIMEが消されてて
イライラしながらこの文章を書いているということ.
ポストしたらインストールしなおす.

時間としてはダウンロードからインストール,起動完了まで約2時間.
午前が軽く吹き飛んだ.

2013年6月21日金曜日

【C言語】数学関数でコンパイルエラー

数学ライブラリの関数を使おうとしたら
undefined reference to `floor'
などと出た.
おい,ちゃんとmath.hインクルードしてるぞ…
と思ったらどうやらコンパイラにリンク指示してやる必要があるようだ.

数学ライブラリはlibmなので【-lm】を渡してやろう.
例) $ gcc infile.c -o outfile -lm 

2013年6月20日木曜日

【Linux】クロスコンパイルコンフィギュアラー!

最近はLinux上でpureなCでカリカリプログラムを書いている.
個人的には外部ライブラリなどというものは使いたくない.
ライセンス表示やGPL汚染などというものも理由ではあるのだが,
最たるものはコンパイル時の煩雑さ,
つまり環境移行時の手直しの手間や
プラットフォーム変更時のライブラリクロスコンパイルである.
自分の書いていないコードを使うのも管理に困る.

しかし.
どう考えてもライブラリを使うべきものもある.
sqliteやlibjpegなどは自分で書いていくと
それだけでプロジェクトになるだろう.
さすがに非効率だ.

というわけで,不本意ながら外部ライブラリを使う場合に
クロスコンパイルのconfigureを手伝ってくれる簡単なスクリプトを書いた.

ソースやMakefileの入っているごちゃごちゃしたディレクトリの
一階層上にoutputディレクトリを掘り,
その下にクロスコンパイル用/ホストコンパイル用のディレクトリを掘る.
そこにインストールするようなスクリプトになっている.

当然クロスコンパイルするときは
ツールチェインにPATHが通ってることが必須で,
CROSS_COMPILEという環境変数にプリフィックスが付いていることを前提としている.


2013年6月17日月曜日

【C言語】HTTPステータスコード

ステータスコードからメッセージを返す関数を作った.
ただ入力しただけだけど.
HTTPサーバーの実装などにどうぞ.



使用例

2013年6月11日火曜日

Androidでjava.lang.VerifyError

長期間放置していたAndroidアプリの編集を行い,
WarnもErrorもない状態で実機テストを行おうとしたら
java.lang.VerifyErrorが出てきてアプリが起動失敗する.

どういうことかとググってみたら
どうやらトリガはAndroid SDKの更新らしい.

参考にさせていただいたページ:

そんなことしたっけ?と思いつつ
プロジェクトで右クリック,
プロパティー>Javaのビルド・パス>順序およびエクスポート
でチェックが外れていたエントリーをチェックしてOK

プロジェクトをクリーンしてリビルド.
俺の場合はこれで直った.

よかったよかったこわかった