2013年6月27日木曜日

【Windows8.1】スナップが変わってた

Windows8.1ではどうやらアプリのスナップが変わっていたようである.

Windows8では左にスナップするか,右にスナップするかの2パターンのみであり,
スナップに対応していないアプリはアイコンが表示されるだけという悲しい絵面であった.

ありし日のスナップ状態

アプリをちゃんと作っておけばスナップ用の画面も用意することはできる.
といったのはWindows8のストアアプリであった.

それがWindows8.1になると,
左にスナップした状態でもWindowsStoreが使える!
…んん?っつーかスナップ幅広くね?

と思ったらどうやらこのスナップ幅がある程度制限はあるものの可変になったようである.
↑この画面はこれが最小幅の状態.

アプリを半々に表示することができるようになった.
WindowsStoreアプリも微妙に変更されているようだ.

はて,ここで疑問が出てくる.
スナップ用の画面を作った既存アプリはどうなるのかと.

やってみた.
おや,WindowsStoreではできなかった従来のスナップ幅でのスナップができた.

そう.どうやらスナップ画面を用意しているアプリのみ
旧来のスナップ幅で表示することができるように変更されたようなのである.
ではこのスナップ画面を用意したアプリを拡げていくとどうなるか…
これはあかん
どないかならんかったんかと言いたくなる.
いや,もう言ったわ.

スナップ用画面を用意したアプリはある程度まで狭い領域だと黒縁が入った状態になるようだ.
画面の半分近くまで拡げると
ちゃんとした画面になる.

スナップの仕様変更はこんなところか.
旧来は
・左か右かにスナップする
・スナップ画面を用意していなければ残念な絵面
Windows8.1では
・スナップ幅が真ん中で分割したりと可変になった
・スナップ用画面を用意したアプリは旧来のスナップ幅での表示が可能
・スナップ用画面のないアプリは旧来のスナップ幅よりもっと広い領域が最小幅となる
・スナップ用画面のあるアプリは狭い領域だとスナップ用画面+黒縁で表示される

この挙動を見る限り今後はスナップ用画面を用意しないほうがいいかもしれない.

1 件のコメント:

  1. 検索から来ました。

    画面入りで詳しく分かり易い情報、役に立ちました。

    ありがとうございました。

    返信削除