2013年7月1日月曜日

【Windows8.1】デスクトップ画面で起動

Windows8で追加された
Modern UIというスタート画面.

この画面ではStoreStyle Appsといわれる
iPhoneアプリやiOSアプリに近いようなアプリを実行することができる.

MicrosoftとしてはこのStoreStyleのストアを
Windowsという圧倒的なシェアに乗せて広めたかったんだろうが,
現状では今ひとつ評判がよろしくない.

Windows8ではPCの起動時にスタート画面を表示して
デスクトップもStoreStyleアプリの一つ
という風に魅せたかったようだが,
実際はそうではないし,
既存Windowsユーザには浸透しなかった.

それで敬遠されてWindows8が普及しなければ
ストアどころでなく,本末転倒である.

というふうにMicrosoftが思ったかどうかは分からないが,
時期WindowsOSであるWindows8.1には設定で
起動時の画面をデスクトップかスタート画面かを選択できる
設定項目が追加された.
デフォルト設定はスタート画面ではあるが.

そのスタート画面設定が入るということは事前にわかっていたことであるが,
いざ探してみてもなかなか見つからなかったのでここにまとめる.

タスクバー上で右クリックして
プロパティを選択.

ナビゲーションタブを選択し,
サインイン時にスタート画面ではなくデスクトップに移動するにチェックをつける.
これで次回サインイン時以降からデスクトップ画面から起動するはずである.

0 件のコメント:

コメントを投稿